宅配業者の仕事ってどんな内容?給与はどのくらい?

宅配業者って実際にはどんな仕事をするの?

宅配業者といっても様々

宅配業者がトラックに乗って荷物を届けるために、どのようなプロセスを踏んでいるのでしょうか。 個人でもくもくと作業をするイメージがありますが、実はコミュニケーション能力など、さまざまなスキルが求められます。 良い点と大変な点も併せてみていきましょう。

宅配業者基本的な仕事内容

昔は企業同士の荷物の送付や、個人間での贈り物が主だった宅配ですが、現代ではネット通販やデリバリーサービスの発達により、宅配業者を目にする機会が多くなりました。

そんな宅配業者ですが、実際にこの仕事に従事したことがない方にとっては「荷物を指定された場所に届ける」というあいまいな認識しかないのではないでしょうか。
では、実際には、どのようなことをしているのでしょうか。

宅配業者と一言で言っても、宅配業者にはさまざまな種類があります。

まず、宅配業者と聞いて思い浮かべるのが、通販で買ったものを届ける「宅配便配達」だと思います。
ご存じの方が多いと思いますが、指定された時間に、指定された住所に届ける仕事です。

続いて手紙などをポストまで届ける「郵便配達」もなじみ深いと思います。
他にも、早朝に新聞を届ける「新聞配達」や、「ルート配達」と呼ばれる決まった店舗に商品を届ける仕事、お客さんのところに注文の品を届ける「小売販売配達」「デリバリー宅配配達」などが挙げられます。

このように、宅配業者は業界ごとにさまざまな種類があり、詳細な仕事内容や給与も各々変わってきますが、共通している要素もあります。

このサイトでは、宅配業者の仕事内容や給与、どのような人が向いているのかなどをご紹介していきます。
配達業に興味がある方はもちろん、日々目にする宅配業者の方がどのようなことをしているのか興味がある方も、ご参考にして頂けたら幸いです。

宅配業者の給与はどのくらい?

宅配業者の給与は、宅配便なのか、デリバリーなのかといったように業界や企業によって変わりますし、当然正社員なのかアルバイトなのかによっても変わってきます。 ここでは、大手の宅配業者を例に挙げ、正社員とアルバイトとに分けてご説明します。 あくまで一例ですが、見ていきましょう。

宅配業者に向いている人

宅配業者は、求人が多く、学歴などもあまり関係ありません。 正社員の給与が高額なところもあるため、新たな職場の候補にと考えている方もいらっしゃると思います。 ですが、先ほどから述べてきた通り、宅配業者はただ荷物を運べばいいというものではありません。 どのような人が向いているのか確認してみましょう。